矯正治療が必要な歯並びとは?歯列矯正の治療期間などお役立ち情報をご紹介!

当サイトは矯正治療が必要な歯並びとはどのようなものなのか、さらに歯列矯正の治療期間などのお役立ち情報をご紹介しています。
歯列やかみ合わせの治療を検討しているのなら、ぜひ参考にしてみてください。
八重歯は叢生の可能性もあるので、歯列を矯正して歯周病予防を実現するのがお勧めです。
また出っ歯も歯列を矯正することで並びを整えて見た目をきれいにすることができます。
見た目を改善するだけでなく、口の健康のためにも歯の並びは重要です。

矯正治療が必要な歯並びとは?歯列矯正の治療期間などお役立ち情報をご紹介!

美しく整っている歯並びが理想的なのは言うまでもありませんが、具体的に歯列矯正が必要になるのはどのような状態なのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
歯列矯正がおすすめの歯並びの例には上の前歯や上あごが突き出している出っ歯や、下の歯が上の歯よりも前に出ている受け口、歯と歯の間に隙間のあるすきっ歯などがあります。
矯正治療の期間はそれぞれの人の状態によって異なるほか、矯正方法によっても変わってくる可能性があります。

歯列矯正の期間は部分矯正では半年から10か月、全部矯正は1年半が目安

平均的に歯列矯正に必要となる期間を知っておくと、自分で治療するときに必要な時間を計算するときの目安となります。
治療前の期間は1ヶ月から2ヶ月ほどで、その間にカウンセリングや検査、さらに治療の費用などに関しての説明を行っているのがポイントです。
その後、歯の状態を確認して矯正器具をつけて歯並びの治療を開始します。
部分的な治療の場合は数ヶ月で済むことが大半ですが、保定を含めて10ヶ月ほどで終了する場合も珍しくないです。
対して歯を全体的に治療する場合には1年から4年程度が必要となります。
中でも最も多いのは1年半前後です。
治療を行う人の中には外科手術を必要とする場合もあります。
インプラントを埋め込んでワイヤーで引っ張ることで、通常よりもスピーディーな治療を行うことが可能です。
また、骨を一部切除して治療をすることもあるため、重症の人の場合はさらに時間がかかることを理解しておきましょう。
歯列矯正といっても歯並びの状態などにより大きく異なるため、理解してから治療をすることが重要です。

歯列矯正で治療を早く終わらせるためにも装着時間を厳守しよう

綺麗な歯並びを多くの人々を魅了します。
きれいな歯で微笑みかけられると、多くの男性はその女性を魅力的だと感じます。
上品な口元は知性を感じさせ、面接やお見合い、就職試験で有利に働くこともあります。
このように歯並びが美しいことは社会生活上でメリットも見られるので、コンプレックスがある場合には歯列矯正治療を検討するとよいでしょう。
歯列矯正治療というと、歯の表面にワイヤーやブラケットをつける治療法ばかりが有名です。
最近ではマウスピースを用いてそれを装着し、歯を動かしていく治療法も確立しています。
しかしながらこうしたインビザライン、マウスピース矯正は、自分で装置を着脱できるために装置を付けるのを長時間忘れてしまうこともしばしば見られます。
これでは治療期間を延長させるばかりであり、早くきれいな歯を手に入れられなくなります。
そのためインビザライン矯正ではマウスピースの装着時間をきちんと管理し、厳守することが大事です。

歯列矯正は定期的な通院が必須で予約を先の伸ばししないことも治療期間の短縮に効果的

歯列矯正では、症例や矯正の種類によって治療にかかる期間は異なりますが、通院のスタートから治療が完全に終わるまでが年単位になることも珍しくありません。
そのため、矯正治療を受けている人たちの多くが、少しでも治療期間を短くしたいと考えています。
歯列矯正の治療期間を短縮するために1番大切なことは、医師からの指示をきちんと守ることです。
矯正器具の装着時間や装着方法などを自分の判断で守らずにいると、歯の動きが悪くなって治療期間が延びてしまうこともあります。
さらに、もう一つ大切なのが予約を先に延ばさないことです。
もともと矯正歯科は予約が取りづらい場合が多く、一度でも予約を伸ばしてしまうと、次に予約を取れる日がかなり先になってしまいます。
そして、予約が先になった分だけ治療は遅れることになり、治療期間が長くなってしまうのです。
歯列矯正の通院中は、できるだけ予約日を守って通うことを心掛けると、治療の短縮にも効果的であるといえるでしょう。

ブラケットを装着するワイヤー矯正治具を使う歯列矯正は時間と手間をかけて歯ブラシケアを

歯列矯正を利用して、歯並びを綺麗なラインにすることを検討している方は、ブラケットを用いる金属製のワイヤーの矯正を希望する方も存在しています。
複数の歯列矯正法の中でも比較的短期間で済ませられるメリットがあり、他の方法では歯を動かすことが難しい症例でも対応可能なことが多いこともメリットです。
ただし注意をすることが必要な内容はあり、歯列矯正を行っている期間に関しては、歯ブラシケアを十分に行うことは重要です。
ワイヤーの矯正治具は歯に密着させて全体を囲んでいる方法になるので、固定金具と歯の隙間には汚れが溜まりやすい環境になり、虫歯が出来てしまう問題があります。
歯ブラシケアを十分に行う方法は普通の歯磨き剤では不足してしまう可能性もあり、虫歯が出来ないように完璧性を求めるのであれば、殺菌力の高い液体の歯磨き剤を併用する方法であれば負担に感じずに虫歯対策を行えます。
歯列矯正が完了するまでは、徹底した歯磨きを実践することで口内に別のトラブルを引き起こしてしまうことは無くなるのではないでしょうか。

矯正治療に関する情報サイト
矯正治療が必要な歯並び

当サイトは矯正治療が必要な歯並びとはどのようなものなのか、さらに歯列矯正の治療期間などのお役立ち情報をご紹介しています。
歯列やかみ合わせの治療を検討しているのなら、ぜひ参考にしてみてください。
八重歯は叢生の可能性もあるので、歯列を矯正して歯周病予防を実現するのがお勧めです。
また出っ歯も歯列を矯正することで並びを整えて見た目をきれいにすることができます。
見た目を改善するだけでなく、口の健康のためにも歯の並びは重要です。

新着情報
    2022/3/15

    歯列矯正の期間は部分矯正では半年から10か月、全部矯正は1年半が目安

    2022/3/15

    歯列矯正で治療を早く終わらせるためにも装着時間を厳守しよう

    2022/3/15

    歯列矯正は定期的な通院が必須で予約を先の伸ばししないことも治療期間の短縮に効果的

    2022/3/15

    ブラケットを装着するワイヤー矯正治具を使う歯列矯正は時間と手間をかけて歯ブラシケアを